WeChatの連絡先 WeChatの連絡先
1947597645
0755-2658-4313
TOP
サービスサポート

サービスサポート

私たちはあなたの専属コンサルタントです

サービスサポート

ガウスメーターは非常に重要な磁気試験装置です

作者:麦格雷博11-02 | 2020

ガウスメーターは非常に重要な磁気試験装置であるため、ガウスメーターは磁気がある場所ならどこでも使用できます

1.磁気誘導は、磁場の特性を表すために使用される物理量であり、Bで表されます。磁場の特定のポイントでのBの方向は、そのポイントでの磁場の方向であり、Bの大きさは、そのポイントでの磁場の強さを表します。

2.磁力線、磁束および磁束連続性定理

磁力線を使用して磁場を視覚的に表現します。電流によって生成されるさまざまな磁場の磁力線を図1に示します。磁力線は、電流を囲む頭と尾のない閉じた線です。電流の方向と磁力線の方向は、右回りに一致します。次に

3. Ampereのループ則を使用して、特定の空間対称性を持つ電流によって生成される磁場を簡単に計算できます。たとえば、均一にきつく巻かれたトロイダルソレノイド内の点Pでの磁場強度を計算します。 P点後の半径rの同心円は、閉じた積分曲線と見なされます。

4.電磁誘導の法則

電磁誘導の法則は、誘導された起電力と磁束変化の関係を説明しています。 法則によれば、回路を通過する磁束Φが何らかの理由で変化すると、回路で生成される誘導起電力は次のようになります。

e =-dΦ/ dt(12)

ループがNターンのコイルで構成されている場合、磁束が変化すると、各ターンで誘導起電力が生成され、総誘導起電力は各ターンの誘導起電力の合計に等しくなります。 各ターンを通過する磁束が同じである場合、次のようになります。

e = N×dΦ/ dt(13)

電磁誘導の法則は、磁気測定で最も一般的に使用される法則の1つです。

式(13)の磁束が正弦法則に従って周期的に変化する場合、誘導起電力の実効値と磁束の最大値の関係は次のように導き出すことができます。

U = 4.44×f×N×Φm(14)

磁力線の任意の点の接線方向は、その点での磁場(つまり、B)の方向であり、Bベクトルに垂直な単位面積あたりの磁力線の数は、その点でのBベクトルの大きさに等しいと規定します。 言い換えれば、磁場が強い場合、磁力線はより密であり、磁場が弱い場合、磁力線はまばらである。

特定の曲面を通過する磁力線の総数は、曲面を通過する磁束と呼ばれ、Φで表されます。 曲面上のエリア要素を取ります。法線方向と点Bの方向は角度θを形成します。エリアを通過する要素の磁束は次のとおりです。

dφ= B×cosθ×ds(2)

したがって、曲面を通過するSの総磁束は次のようになります。

φ=∮B×cosθ×ds(3)

Bが均一で、Sが平面で、Bに垂直である場合、S平面を通過する磁束は次のようになります。

φ= B×S(4)

電磁誘導の法則は上記のとおりですが、これは磁気測定でよく使われる関係です。